巻き爪の治し方

巻き爪になりにく生活を送ろう!

巻き爪を甘く見てはいけません!
最初はちょっと痛いかな?くらいだったのが、次第に重症化してくると歩くのも辛くなってしまうくらいの激しい痛みが襲ってくるケースはとても多いです。
しかも巻き爪は一度なってしまうと、繰り返し症状が現れると言いますからとてもやっかいです。
巻き爪の対処法について間違った認識の方は多いせいなのか、日本人の10人に1人は巻き爪になると言われています。

 

 

巻き爪になりやすい人

 

深爪をしている

 

巻き爪になる最も多い原因は深爪によるものです。
深爪にしないと気が済まない!という方もいますが、爪が皮膚に食い込みやうし状態になってしまうので、注意してください。
既に巻き爪になっている方で、痛みを和らげようと深爪してしまうことがありますが、これは絶対にNGです!
余計に悪化してしまいます。

 

足に合っていない靴を長時間履いている

 

ヒールのある靴、または幅が狭かったりサイズ自体が合っていない靴を長時間履き続けている場合、足の親指を中心に圧迫されて巻き爪になってしまうことがあります。
女性はオシャレをするためなら、無理をすることも多いと思いますが、負担をかけすぎてしまうのは心身の健康に良くありません。
ヒールの高い靴を履いて出社するなら、仕事用のはき心地の良いサンダルを用意してみるだけでも、足の負担は軽減できます。
足の爪は定期的にチェックしてみましょう。

 

爪が柔らかい

 

体質的に爪が柔らかいという方は、圧迫されたり衝撃を受けたりという刺激に弱いため、巻き爪になりやすいと言えるでしょう。
靴の選び方に注意してください。

 

 

巻き爪は遺伝なの?

 

巻き爪の人の中で、両親のどちらかも同じく巻き爪というケースは結構多いです。
そのため、遺伝ではないかと考えている方もいるのですが、今のところ、遺伝的な要素はないと言われています。
遺伝するとしたら、爪の形や厚みです。そして歩き方も親子ってよく似るものです。
これらが遺伝していたら、癖も同じになってしまうので巻き爪になりやす条件が揃ってしまいます。
だから、親子で巻き爪に悩むケースは多いのです。

 

巻き爪は、きちんと矯正できればその症状が気にならないくらい回復させることができます。
当サイトで、巻き爪の正しいケアを勉強して、快適な生活を送ってください。
自宅で治せる優秀なアイテムも紹介していますのでお楽しみに・・・^^!